地元住民による、スカイツリーとソラマチと押上・錦糸町他周辺エリアのイベント・グルメレポート!

スカイツリーとソラマチと

もはやアートの域の飴細工 気になるそのお値段は?後編 | 飴細工 アメシン

更新日:


ソラマチにある飴細工のお店「アメシン」の作品をお値段ごとに紹介する企画の後編。
アメシンの飴細工は1680円から3480円のまでで6カテゴリーに分かれていますが、前半の4カテゴリーについては前編でご紹介していますので、そちらをご覧くださいませ。いよいよ最上位カテゴリーである2980円と3480円のパッと見ではわからない違いの正体が…

当記事は、スカイツリー麓(ふもと)住民による、スカイツリー&ソラマチ&周辺情報発信ブログ「スカイツリーとソラマチと」がお届けしています!

お時間がある時には、ぜひ他の記事もご覧くださいませ

スカイツリーとソラマチとTOPページへ

それでは早速、2980円の作品をご紹介!

アメシン2980

いよいよアメシンのイメージキャラといっても過言ではない「金魚」が登場。
再現が相当に難しいであろう尾びれや背びれといった部分が水に流れるような造形で完全に再現されています。
あとすごいのが「目玉」、カメラのオートフォーカスが「目」と認識するほど。

アップで見るとこんな感じです。

アメシン目2

 

前回ご紹介した、犬や猫がシンプルな目でしたが、こちらはかなりのリアル志向です。

なお2980円のカテゴリーには実は1作品しかありません。
しかも金魚の造形は3480円カテゴリーのものと同じ。

2つを並べた写真がこちら

アメシン29803480

ぱっと見、違いがよくわかりません・・・2980円の方がやや淡泊な感じかな?
違いの判らない男なので、店員さんに違いを聞いてみたところ。

2980円のものは透明な飴に赤い飴を練りこむ形で色がついていて、3480円の方は飴の上から着色がしてあるとのこと。
なるほど~並べてみると確かに結構違います。

これが2980円

アメシン2980c

 

これが3480円

アメシン3480b

両方ともに十分によくできていますが、比較してしまうと3480円の方がさらにリアル。2980円の方はガラス細工のようで、3480円の方ははく製のような感じです。

なお3480円カテゴリーには金魚以外も多くの作品があり、カテゴリーの中ではもっとも充実しています。取材した時点での全ラインナップを以下でご紹介。

アメシン3480c

左から、蛙、鯉、出目金

アメシン3480d

こちらは蛙、金魚、黒出目金。
せっかくなのでいくつかアップで紹介。

まずは出目金
アメシン出目金

よくよく見ると口がへの字でかわいいですw
次は蛙

アメシンカエル

最後は鯉

アメシン鯉

いずれも難易度の高い造形で、生き生きとした生物の姿が描かれており繊細な着色がリアリティを高めています。
湿気に弱いらしいので、夏や梅雨は冷蔵庫に入れて保管するなどの工夫が必要だそうですが、きちんと保管できれば3~4年は溶けずに持つとのこと。

飴と考えれば高いですが、オブジェクトとして考えれば十分に価値が感じられるのではないでしょうか。

ご自宅での鑑賞やお土産におひとついかがでしょうか。

当記事は、スカイツリー麓(ふもと)住民による、スカイツリー&ソラマチ&周辺情報発信ブログ「スカイツリーとソラマチと」がお届けしています!

お時間がある時には、ぜひ他の記事もご覧くださいませ

スカイツリーとソラマチとTOPページへ

◆販売店舗:飴細工 アメシン
◆賞味期限:賞味期限は半年から1年程度の模様。観賞用としてはきちんと保管すれば3-4年は造形は溶けずに持つそうです
◆お値段:1680円(税込)~3480円
◆おすすめ度:★★★★★

◆関連記事:
イッテQよ、これぞ本当の飴細工だ!飾れる飴細工 アメシン
もはやアートの域の飴細工 気になるそのお値段は?前編 | 飴細工 アメシン




twitterで、スカイツリーとソラマチ情報発信中

-お持ち帰り, スカイツリーお土産, 地元住民のオススメ ショップ

Copyright© スカイツリーとソラマチと , 2018 All Rights Reserved.