地元住民による、スカイツリーとソラマチと押上・錦糸町他周辺エリアのイベント・グルメレポート!

スカイツリーとソラマチと

スカイツリー


スカイツリーについて
東京スカイツリーはギネスにも認定されている世界一高い自立式電波塔です。その高さは634mで、約333mの東京タワーを遥かに上回っています。
自立式電波塔という謎のくくりではなく、建造物というくくりだと残念ながら世界第二位。一位はドバイにある「ブルジュ・ハリファ」で828mだそうです。
デザインは空に向かって伸びる大きな木をイメージして作られているそうですが、足元は三角上に上がっていくと円柱になるという独特のデザインになっているため、見る角度によって微妙にカーブが異なっています。スカイツリー001

スカイツリーの展望台
東京スカイツリーには地上350mに位置する「東京スカイツリー展望デッキ」と、地上450mに位置する「東京スカイツリー天望回廊」の2つの展望台があります。
「東京スカイツリー展望デッキ」はフロア350とフロア345、フロア340の3層に分かれていて、地上から昇りエレベーターに乗ってたどり着くのはフロア350。
フロア350は「東京スカイツリー天望回廊」へ行くためのチケットカウンターやエレベーターがある他、ドリンクが購入できる「SKYTREECAFE」、定番のフォトスペース、東京スカイツリー展望デッキからの眺めをタッチパネル式の大画面モニターで案内してくれる「東京時空ナビ」などが設置されています。

フロア350からエスカレーターで降りると、フロア345に到着。自称日本一の眺望を誇るレストラン「SKY RESTAURANT 634」や東京スカイツリーオフィシャルショップである「THE SKYTREE SHOP」があります。

フロア340は「東京スカイツリー天望回廊」からの下りエスカレーターの到着フロアで、基本的に帰りがけに立ち寄るフロア。座って軽食やドリンクが楽しめる「SKY TREE CAFE」と記念撮影が楽しめる「フォトスポット」、そして高所恐怖症の大敵である地上が見える「ガラス床」があります。スカイツリー足元

東京スカイツリーのメインとなる展望台はやはり地上450mにある「東京スカイツリー天望回廊」。
こちらもフロア445とフロア450の二層構造ですが、エレベーターを降りてたどり着くのはフロア445。




フロア445にあるフォトスポットはフロア450から見下ろす形で、フロア445にいる姿を撮影できるスポット。見下ろす形になるので、地上の様子もはっきり映るスカイツリーらしさ満点の記念撮影ができます。ただ残念ながら自分のカメラでは撮影できないため、追加料金を払って専用のカメラマンに撮影を依頼する必要があります。
フロア445からフロア450へはエレベーターではなく回廊を歩いて向かいます。
この回廊こそが「天望回廊」と呼ばれ、ガラス張りの回廊を地上450mの眺望を眺めながら歩んでいくことができます。

フロア450につくと「ソラカラポイント」と呼ばれる最高到達点の目印があります。スカイツリー最高到達点

地上450mの景色を楽しんだら、エレベーターでフロア340を経由して地上へ戻ります。
実際にスカイツリーに足を運んでみたときのレポートについては、以下の記事に簡単にまとめていますので、ご関心のある方はご覧ください。

たった1分で登った気分!?スカイツリー60秒ツアー

スカイツリー ライトアップ
スカイツリーのもう一つの大きな特徴が「ライトアップ」。東京スカイツリーにはなんと1995台ものLED照明が使われていて、それらの照明の制御により色やアニメーションなどの光の演出を行っているそうです。

基本となるライトアップは、江戸ではぐくまれてきた心意気を表す鮮やかなブルーの「粋」と美意識を示した、艶やかな紫の「雅」の2種類。スカイツリーのライトアップでは「粋」と「雅」が一日ごとに交互に現れます。スカイツリー001
基本となるライトアップ以外にも、年中行事や記念日、タイアップなどによる限定ライトアップも多数存在し、飽きさせることがありません。
限定ライトアップについては当ブログでも多くの記事を掲載していますので、ぜひ以下のリンクからスカイツリーの様々なライトアップをご覧になってみてください。

東京スカイツリー限定ライトアップ紹介記事一覧

 


人気記事ランキング

キモかわいい展 1

裸で、出っ歯のネズミや、世界一美しいゴキブリなど、キモいけれどもかわいい!?生き物たちを集めた「キモかわいい展」。インスタ映えすると多くの女性客が殺到し、人気Youtuberのヒカキンも足を運んだ超人気イベントのレビューをフォトレポート形式で紹介!貴方はこのキモかわいさに耐えられるか?

2

2018年夏、今年も恒例のカブトムシ触り放題イベント「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」が開催されます!当記事では2017年の「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」の様子をフォトレポートで振り返りつつ、気になる「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン2018」の開催日時や料金、お楽しみイベントなどを紹介します!

お金 3

ふるさと納税した金額の半分を還元や、有効期限無しでいつまででも使える商品券やお食事券等、じっくり探してみるとふるさと納税の返礼品には、物凄くお得なものが沢山あります!自称「ふるさと納税プロ(笑)」の管理人が、ランキング形式で2018年のふるさと納税で手に入る「旅行券」や「商品券」をご紹介します!

アイスクリーム総選挙2018 4

東京スカイツリータウンにある21ものアイスクリーム、ソフトクリーム販売店舗からNo1のアイスクリームを決定する「東京スカイツリータウン アイスクリーム総選挙」。2018年の結果を実食レポート付きでお届けします!

楽天地リニューアル 5

錦糸町駅目の前にある巨大商業施設「楽天地ビル」。2017年10月に西友のあった「リヴィン錦糸町」が撤退して以降、一部テナントを除いて工事中となっていますが「リヴィン錦糸町」は「錦糸町パルコ」に、楽天地シネマズ錦糸町は「TOHOシネマズ錦糸町 楽天地」にリニューアルされることが判明。さらに地下一階には「西友の食品スーパー」がリニューアルオープンします。気になる「錦糸町パルコ」「TOHOシネマズ錦糸町 楽天地」のオープン時期やテナント情報を調べてみました!

塩パン屋パンメゾン 6

浅草駅とスカイツリーの中間に位置する「塩パン屋 パンメゾン」。一見普通の塩パン屋ですが、なんとこの店「塩パン」生みの親なのです!気になる「元祖 塩パン」の味や如何に?味はもちろん、値段や、メニューなどもレポートします。

更新日:

Copyright© スカイツリーとソラマチと , 2018 All Rights Reserved.