東京スカイツリータウン&周辺エリアの情報を発信する、錦糸町・押上エリアの地域ブログ

スカイツリー・ソラマチ情報 まとめ

間近に見下ろす新感覚!スカイツリーから見る隅田川花火大会 体験レポート

毎年7月最終土曜日に開催される夏の風物詩「隅田川花火大会」。

夏の夜空に2万発もの花火が打ち上げられ100万人近い人が来場するという国内最大級の花火大会ですが、その打ち上がる様を間近でしかも見下ろすことができるのが、スカイツリーからの隅田川花火鑑賞(=スカイツリー 隅田川花火大会特別営業)です。

「スカイツリー麓(ふもと)住民たるもの、1生に1度でいいからスカイツリーから隅田川花火大会を見てみたい!」

と毎年のように「スカイツリー 隅田川花火大会特別営業」の抽選に申し込んでいましたが、わずか900人ほどしか参加できない特別営業の当選確率は100倍以上との噂もあるほどで、これまで当たることはありませんでした・・・

今回【ある方法】を使って抽選を回避し、ついに「スカイツリー 隅田川花火大会特別営業」に参加することができましたので、念願のスカイツリーから見下ろす隅田川花火大会の様子を体験レポートでお届けしたいと思います!

【この記事で分かること】
スカイツリーから隅田川花火大会を見るのにもっともいい場所は?
スカイツリー 天望回廊から見る、隅田川花火大会
正解はコチラ!スカイツリー 天望デッキから見る、隅田川花火大会
スカイツリーから隅田川花火大会を見るときに抑えておきたいポイント

なお【ある方法】が気になる方は、以下の関連記事をご覧くださいませ。

スカイツリーから隅田川花火大会鑑賞・そらまち亭で夕食&特別寄席 体験レポート!

管理人
スカイツリーに行く方必見!最大32%も割引になる【スカイツリー 料金 割引方法】あります!10月31日までにの期間限定で「スカイツリーテラスツアー」は52%も割引に。詳しくは以下の記事をチェック↓

【最大32%割引】スカイツリー 割引・料金 完全ガイド

スカイツリーから隅田川花火大会を見るのにもっともいい場所は?

隅田川花火大会特別営業中のスカイツリーに到着して最初に悩んだのは、

「果たしてどこから隅田川花火大会を見るのがベストか?」

ということ。

一生に1度しか来れないかもしれないスカイツリーからの隅田川花火大会鑑賞、可能ならベストポジションで見たいと思うのが人間の性(さが)というものでしょう。

スカイツリーには350mの高さにある「天望デッキ」、450mの高さにある「天望回廊」と高さの異なるフロアがあり、いずれのフロアからも窓ガラス越しに360度景色が見渡せるようになっています。

見晴らしの良さであれば当然450mの高さにある「天望回廊」がベターなのですが、隅田川花火大会を見るという目的なのであれば高い方がいいとは限りません。

また360度景色が見渡せるのはありがたいのですが、隅田川花火大会を観戦するうえでいずれの方向を見るべきなのかが見当がつかないありさま。

隅田川花火大会では第1会場、第2会場という花火の打ち上げ場所が設定されているため、それらの会場が見下ろせる場所が鑑賞スポットとしてベストのはずですが、方向音痴の管理人には第1会場、第2会場がスカイツリーからどちらの方角にあるのか想像もつかないのです。

馬〇と煙は高いところに登るのことわざ通り、

「とりあえず、高い場所の方が見やすそうでいいかも」

と、安易な考えのもとエレベーターに乗って450mの高さの「天望回廊」へ移動しました。

エレベーターのドアが開くと、目の前にあるフォトスポット横の窓の前に多くの人達が立って外をのぞき込んでいるではありませんか。

スカイツリー 隅田川花火大会特別営業 天望デッキ

後ろから窓の外をのぞかせてもらうと、多くの人が眼下に見える橋に注目しており、周囲の会話からその橋こそが花火打上げ第1会場至近にある「桜橋」だということが分かりました。

下の写真に写っている「X」のような計上した橋が桜橋、その隣に写っている浮島のようなものが「隅田川花火大会 打上げ第1会場」です。

桜橋

もう少し空いている場所が無いものかと「天望回廊」を一周してみたところ、天望回廊で「桜橋」が良く見えるのは先ほど通過した上りエレベーターを降りてすぐのところと、下りエレベーター直前の窓の2ヶ所であることが判明。

上りエレベーター近くの観覧スポットまで戻り、隅田川花火大会の開催を待つことにしました。

スカイツリー 天望回廊から見る、隅田川花火大会

スカイツリーにたどり着いたころにはまだまだ明るかった空が薄暗くなり始めた19時、桜橋横の「隅田川花火大会 打上げ第1会場」から勢いよく花火が打ちあがりました。

いよいよ「隅田川花火大会」スタートです!

スカイツリー 隅田川花火大会特別営業 第一会場打ち上げの様子

管理人はスカイツリー麓(ふもと)在住のため、もはや数えきれないほど「隅田川花火大会の花火」を生で見てきました。

ですが、初めてスカイツリーから見る「隅田川花火大会の花火」はまるで別物、これまでの花火鑑賞とは大きく異なる体験でした。

通常は花火が打ちあがってからしばらくして花火を視認し、見上げる形で花火の開花を見ます。

スカイツリーからの花火鑑賞では、打ちあがる瞬間から花火を視認することができ、開花を見るのも眼下なのです。

以前「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」という作品がありましたが、スカイツリーからの打ち上げ花火鑑賞はまさかの【上から見るか】

まるで花火中継のヘリコプターに乗り込んでいるかのような感覚で、間近に花火の開花を見ることができます

スカイツリー中からの鑑賞ということで、花火の音が聞こえないかもという懸念もありましたが杞憂でした。

花火の開花音はもちろん、打ち上げられた直後の「ヒューッ」という音までも、外で聞くのとそん色ない大迫力です。

スカイツリー 隅田川花火大会特別営業 第一会場打ち上げの様子

スカイツリー 隅田川花火大会特別営業 打ち上げの様子

スカイツリー 隅田川花火大会特別営業 天望回廊からの打合せの様子

しばし打ちあがる花火の姿に見入っていると、左側の窓の方から歓声が。

19:30となり第2会場での花火の打ち上げが始まったようです。

隅田川花火大会の打ち上げ会場である第1会場と第2会場では距離があるため、第1会場が良く見える窓からでは第2会場を見ることができません。

せっかくなので、第2会場での打ち上げ開始に合わせ第2会場が良く見える窓へと移動しました。

以下の写真の真ん中に写っている浮島が「隅田川花火大会 打上げ第2会場」、やはり打ち上る瞬間から開花まで花火のすべてを眼下に見ることができます

スカイツリー 隅田川花火大会特別営業 天望デッキからの第二会場打ち上げの様子

天望回廊から見下ろす花火はとても見やすかったのですが、想定外だったのは花火が開花する位置が想像以上に低かったこと。

後に調べてわかったのですが、隅田川花火大会で打ち上げ可能な花火の大きさは5号まで。

5号の花火の到達高度は190mほどなので、高さ450mの天望回廊では位置が高すぎてしまうのです。

「もしやスカイツリーでの隅田川花火大会鑑賞のベストスポットは、天望デッキ!?」

管理人がそのことに気づいたのは、隅田川花火大会も中盤に差し掛かった20時過ぎのことでした・・・

正解はコチラ!スカイツリー 天望デッキから見る、隅田川花火大会

慌てて天望デッキへと降りると、案の定天望回廊よりもはるかに多くの人たちが花火を観賞しています

はやる気持ちを抑えつつ、隅田川花火大会の鑑賞ベストスポットを見極めるため天望デッキをぐるりと一周。

今更ながら判明したのは、スカイツリーから隅田川花火大会を見るのであれば北西方向にある窓際がベストであるということでした。

「北西方向ってどっち?」

と戸惑う人もいるかと思いますが、ご安心を。

スカイツリーの窓際には一定間隔で白い柱が設置されており、柱には方角又は番号(あるいはその両方)が記されています。

スカイツリー 隅田川花火大会特別営業 支柱

方角を見極めるうえでは支柱に注目し「北」「西」「北西」と書かれた柱を探しましょう。

ところどころの柱や壁に描かれているマップ(以下の写真参照)で確認するのもわかりやすいと思います。

スカイツリー 隅田川花火大会特別営業 天望デッキマップ

方角でなく番号で探すのであれば、9~12番の番号が書かれた柱。

第1会場が見えるのが「北方向が望める12番の柱を中心とするエリア」。

第2会場が見えるのが「西方向が望める9番の柱を中心とするエリア」。

なお第1会場、第2会場ともに見えるベストポジションと言えるのが「北西方向が望める10~11番の柱の間のエリア」ですが、同エリアは「一方通行 立ち止まり禁止エリア」に設定されているため、窓際に留まって花火を見ることはできません。

スカイツリー 隅田川花火大会特別営業 立ち止まり禁止エリア

「一方通行 立ち止まり禁止エリア」では、列に並び窓際を歩きながら花火を見ることになります。

列は窓際の手前から続いており、自分が窓際を歩いているときに花火が開花するかどうかは運しだい。

運が良ければスカイツリーの隅田川花火大会鑑賞ベストスポットで、大迫力の花火の姿を見ることができます。

歩きながらの撮影だったため、ピントが合っていなくて恐縮ですが「一方通行 立ち止まり禁止エリア」から見える花火は、こんな感じ。

一方通行立ち止まり禁止エリア

高くまで上がる花火であれば、その開花を眼前に見ることのできる距離感です。

前述の通り自分の番の時に花火が開花してくれるかどうかは運次第ですが、何度でも並ぶことはできるのでタイミングが合わなかった場合は再度列に並び直せば大丈夫。

せっかくですので「一方通行 立ち止まり禁止エリア」を含む、スカイツリー9-12番の支柱付近から撮影した隅田川花火大会の写真を何枚かご紹介したいと思います。

隅田川花火大会フィナーレと天望回廊いずれを選ぶべきか?

「一方通行立ち止まり禁止エリア」を堪能した管理人が最終的に腰を落ち着けたのは、第1会場が良く見える12番柱近辺の窓際。

すでに多くの人がいてその隙間から花火を見る感じではありましたが、普段よりぐっと近くで大迫力の花火を味わうことができました。

花火大会も終わり近づいた20時20分頃、近くにある天望回廊行エレベーター付近から係の人のアナウンスが聞こえます。

「まもなく天望回廊行きのエレベーターが参ります。今回のエレベーターより後に天望回廊へ行くためには、別途入場料がかかりますのでご注意ください」

「東京スカイツリー 隅田川花火大会特別営業」では、350mの天望デッキと450mの天望回廊を自由に行き来できるのですが、無料で天望回廊に上がれるのは隅田川花火大会が終了する20時30分まで

以降天望回廊に上がるためには、通常と同様に天望回廊への入場料が必要になってしまいます。

管理人は先に天望回廊に上がっていたため再度天望回廊に上がる気はなかったのですが、花火鑑賞後に天望回廊から外の景色を堪能したいと考えていた人たちにとっては、今回のエレベーターが無料で上れる最終便。

花火大会はまだ終わっていませんでしたが、窓際にいた人たちの何割かはエレベーターへ向かい始めました。

幸運にも管理人の前にいたカップルもエレベーターへ向かっていったため、棚ぼたで窓際最前列を確保。

12番柱の窓際最前列という特等席に近い場所で、第1会場最後のプログラム「隅田川千変万花の大フィナーレ!」の花火を観賞することができました。

ということで、写真でスカイツリーから見る隅田川花火大会フィナーレの様子をお裾分けします!

スカイツリー天望デッキから見る隅田川の花火

スカイツリー天望デッキから見る隅田川の花火

スカイツリーから隅田川花火大会を見るときに抑えておきたいポイント

スカイツリーから隅田川花火大会を観賞できる「東京スカイツリー 隅田川花火大会特別営業 体験レポート」いかがでしたでしょうか?

本文中にも書きましたが、スカイツリーから見る花火は地上から見る花火とは別物。

まるでヘリコプターから見ているかのような「間近で見下ろす花火」、機会があれば是非ご自身で体験してみていただければと思います。

なお管理人は何の準備もせずに「東京スカイツリー 隅田川花火大会特別営業」に臨んでしまったため、前半を花火鑑賞のベストポジション探しに費やすことになってしまいましたが、今後体験される場合は、以下の2つのポイントを押さえておくとスカイツリーからの隅田川花火大会観賞をより満喫できると思います。

スカイツリーからの隅田川花火大会鑑賞 ベストポジションは「天望デッキ 北西エリア」

スカイツリーから隅田川花火大会が見える方角は「北西」。

窓際にある白い柱に書かれた文字を手掛かりに「北西」方向が見える9~12番の柱を探しましょう。

第1会場が見えるのが「北方向が望める12番の柱を中心とするエリア」

第2会場が見えるのが「西方向が望める9番の柱を中心とするエリア」

第1会場、第2会場ともに見えるのが「北西方向が望める10~11番の柱の間のエリア」

なお10~11番の柱の間のエリアは「一方通行 立ち止まり禁止エリア」に設定されているため、窓際に留まって花火を見ることはできません。

また、地上450mの天望回廊では花火からの距離が離れてしまうため、隅田川花火大会を観賞するには天望デッキの方がオススメです。

移動は計画的に!天望回廊へ行くか考えておくこと

「東京スカイツリー 隅田川花火大会特別営業」では、地上350mの天望デッキ、地上450mの天望回廊を自由に行き来することができます。

ただし追加料金が発生せずに行き来できるのは、隅田川花火大会がフィナーレを迎える前の20時25分頃のエレベーターまで。

追加料金無しで天望回廊を楽しむためには、

1)隅田川花火大会が始まる前に天望回廊を味わう

2)隅田川花火大会を天望回廊で見る

3)隅田川花火大会終了直前に天望回廊へ移動する

のいずれかの対策が必要です。

1)の場合は花火大会鑑賞場所の確保競争に出遅れてしまう、2)の場合は隅田川花火大会が若干見づらく(距離が遠くなってしまう)なる、3)の場合隅田川花火大会のフィナーレを見ることができないといったデメリットがあるため、いずれを選ぶのか事前に考えておく方が良いでしょう。

【スカイツリー × 隅田川花火大会 関連記事】

ツアーチケット等

2019/8/29

スカイツリーから隅田川花火大会鑑賞・そらまち亭で夕食&特別寄席 体験レポート!

スカイツリーから隅田川花火大会を見たいのに抽選に当たらない!とお嘆きのあなた「東京スカイツリーから隅田川花火大会鑑賞・そらまち亭で夕食&特別寄席プラン」ご存じですか?抽選無しの先着順で参加可能なプランは果たして得か?体験レポートで検証します!

ReadMore

スカイツリーから見る花火

2019/8/29

間近に見下ろす新感覚!スカイツリーから見る隅田川花火大会 体験レポート

スカイツリーから隅田川花火大会を観賞できる「東京スカイツリー 隅田川花火大会特別営業」。まるでヘリコプターから花火を見ているかのように、花火を間近で見下ろすことができる圧巻の花火鑑賞体験をスカイツリー麓(ふもと)住民がレポートします!

ReadMore

スカイツリー 花火

2019/8/29

スカイツリー 隅田川花火大会特別営業 徹底攻略|当選確率UPに必勝法も!

当記事ではスカイツリーから隅田川花火を観覧できる「スカイツリー 隅田川花火大会特別営業」の申し込み方法をを紹介。高倍率抽選の特別営業で【当選確率を上げる方法】や【抽選無しで参加する方法】など、スカイツリー 隅田川花火大会特別営業を徹底攻略!

ReadMore

花火大会

2019/8/29

隅田川花火大会 2019 開催日決定!スカイツリーから花火を見る方法

記念すべき令和元年に開催される「隅川花火大会 2019」。当記事では「隅川花火大会 2019」の開催概要と、スカイツリータウンから「隅川花火大会」を見る方法についてご紹介しています!

ReadMore

2019/8/29

ソラマチ 隅田川花火大会【地元住民がコッソリ教える 無料観覧スポット】

地元住民だからこそ知る「東京スカイツリータウンソラマチの隅田川花火大会観覧スポット」(もちろん全部無料スポット)をご紹介!なんとイチオシの観覧スポットは、普段は閉ざされたドアの向こうにある、普段人が訪れることのない「秘密の観覧スポット」!?なのです。

ReadMore

【オススメ記事】
【最大32%割引】スカイツリー 割引・料金 完全ガイド

【最大52%割引】スカイツリーテラスツアー 割引方法

年パス無料も!【すみだ水族館 割引方法】徹底解説

【20%割引】プラネタリウム 天空 割引 & 料金 徹底解説!

地元住民のスカイツリー・ソラマチ オススメ&オトクな豆知識まとめ

twitterでも発信中!

当ブログ「スカイツリー・ソラマチ情報まとめ」では、スカイツリー麓(ふもと)住民の地の利を活かした!?スカイツリー&ソラマチ情報を中心に、錦糸町・押上周辺エリアのイベント・新店舗・グルメ情報などを発信しています。

更新情報やリアルタイムに近い情報はtwitterでつぶやいていますので、ご関心のある方は是非フォローしてくださいね。

 

twitterで、スカイツリーとソラマチ情報発信中

-イベント, スカイツリー, 隅田川花火大会

Copyright© スカイツリー・ソラマチ情報 まとめ , 2019 All Rights Reserved.